Amazonアソシエイトにおける審査時の噂は本当でした。

toast-759670_640

ブログを初めてもうすぐ半年。

“そろそろ”というほどのことでもないのですが、ふとAmazonアソシエイトなるものに登録してみようと思っていろいろ段取りしているうちに、とある噂の真相に辿り着くこととなりましたので、ちょっと書いておきます。

(真相って極端ですね。実体験に基づくものですが、根拠ないですし。)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

審査通過のカギはAmazonで買い物をしたことがあるか

答え。結論。終わり。

もう少し丁寧に書くと、

Amazonアソシエイトの審査に通過するのか、はたまた落ちるのかはAmazonで買い物をしたことがあるアカウントで申請しているか否かが重要なカギを握っています。

あとはゆっくり流れを追っていきます。

Amazonアソシエイトって?

アフィリエイトというものですね。

すでにこのブログでも導入済みであるGoogleアドセンスのようなクリック報酬型といわれる仕組みに対して、成果報酬型のASPというものだそうです。

要は、広告のクリック+移動先ページでの取引があって初めて手数料収入が発生する仕組みだそうです。

って、こんな説明誰も必要としていないか。

“ブログの収益化”なんて書くとえらいたいそうなことをやっているような気がしますが、どちらかというと”気になる”からやってみよう的な発想が始まりです。

もちろん気になる上にマネーが絡んでいるから、というのも事実ですがね。

どんな噂がある?

Amazonアソシエイトに登録しようとする際には審査というものがあります。

いくつか決まり事があって、例えば、ブログで扱っているテーマによっては使えませんよ、ということですね。

前提として上記のようなルールが全部で9つ書いてあって、明らかに違反していればそもそもどうあがいても審査は通らないでしょう。

しかし、概ね規約には抵触していないように思えても、審査に落ちることがあります。

むしろ思い当たる原因がわからないと、Amazon側からは”どこどこがダメ”とは教えてくれないので、余計に困ります。

と、ここで、Amazon側からは明文化されていない隠れルールがあるとの噂があります。

それが、Amazonアソシエイトの登録時にAmazonの通常のアカウントを利用するのですが、その通常のアカウントで買い物をしていること、なんだそうです。

噂は本当でした。

本当でした、と書くくらいですから実際に私も思い知らされることになりました。

つまり、”一度審査に落ちた”ということですね。

もともとAmazonで買い物くらいはしたことありますので、以前から持っているアカウントもありました。

ただ、ブログ用にはなんとなく新しくアカウントを取り直そうかなと思ったので、その新しいアカウントでAmazonアソシエイトに申請しました。

場合によっては落ちる人もいるGoogleアドセンスにはとうの昔に審査通過しているわけですから、Amazonアソシエイトだって余裕、余裕…余裕のはずだったんですが。

あっさり落ちまして。。。

先ほども書いてますが、メールには規約一覧が書いてあるものの、何がダメか書いてないんですよね。

ということで、ネットで調べていると、どうやら今回の噂とやらが関係しているのではなかろうか、という結論に至ります。

そうして、以前から買い物で使ったことのあるAmazonアカウントを使って再びAmazonアソシエイトにチャレンジ。

驚くなかれ噂は本当のようで、あっさりすんなりすっきり審査通過しました~。

今回の私の場合、ブログ自体はどこも人文字も変えずにAmazonのアカウントだけを変えての再申請でしたので、ほぼ間違いないんでしょうね。

Amazon側からしてみれば少しでも活動事実のあるアカウント、すなわち一定の信用も審査基準なんだと思えばわからなくもないです。

ということで、もしお困りの方がいらっしゃれば、是非一度試す価値アリです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。