アセットアロケーション考察(仮)。リスクを許容、攻める投資信託。

ついこの前までアセットアロケーションとはなんぞや(?)状態でした。

今だってまだ”わかったつもり”を脱していないかもしれませんが、”考えてみよう”と思い始めています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめの第一歩。

いつぞやの記事で9月下旬までに投資方針を形として残すという目標を立てました。

今思うと9月って先延ばししすぎじゃない!?という感じですが。

ちょっと仕事が忙しくなり始めているのでね…(汗)

有言実行という言葉はあまり好きではないのですが、まぁまだ人の目にそこまで触れていないブログと言えども、宣言した以上は実行しなくては。

ということで、なんやかんや考え始めました。

普通であれば、投資方針を1つ作って、リライト(?)その記事を徐々に加筆・修正して行けば良いのでしょうが、その過程を消してしまうのは…という思いもあるので、おそらく、”アセットアロケーション考察(仮)パート○○”みたいな別記事更新方式にするかと思います。

まぁ、2桁にはならないか…パート3くらいまでかな?9月時点では。

そもそもがアセットアロケーションを考えるにおいて、正解がないことだからこそ、自分が納得できる答えを見つける、という意識を持って取り組みたいと思います。

普段は”なんとなく”で過ごしている私も肝心な部分はしっかり押さえておきたいですね。ホントに。

あとは、”とりあえずやってみる”精神との戦いでしょうか。
ちょうど良いバランスを保ちたいものです。

最初のアセットアロケーション

アセットアロケーションをグラフにしてみました。
エクセルと格闘しながら。ええ、戦いましたとも。

先にお断りしておくと、アセットアロケーションをどうするか、から考えたわけではありません。

バランスファンドに加え、確定拠出年金(401k)ではこのあたりへ…、特定口座・NISAでバランスを取るためには…と成り行きでできてしまったものです(汗)

つまり、理想のアセットアロケーションができたわけではなく、現状これで進めていくのではないかという暫定のアセットアロケーションということです。

ただ、リターンとリスクや、それぞれの資産配分については一応気を遣っています。

ぐだぐた言い訳しても仕方ないので。。。

とりあえず、これです↓

資産配分考察

現在ご覧頂くことができません。ご迷惑おかけします。

というか、アイキャッチにもしてました。

全体のグラフではREITが結構邪魔ですね、REITはREITでまとめたほうがいいのかしら。

それでは、各項目見ていきましょか。

資産別割合について

ご覧の通り、債権・株式・REITの3つに分類しています。

まだ20代ということで、それなりにリスクを許容してでもリターンを狙って良いだろうということを前提に割合を決めたいと思います。

  • 債券…現状約20%。
    20~25%を目標に運用し、30%へ近づくようであれば、リバランスを行おうと考えています。
  • REIT…現状11%。
    REIT自体勉強不足。正直よく分かりません。そのよく分からないものに大部分を捧げるのはリスクが大きいので、具体的な数値は設けませんが、動向を注視し、割合が過度に増加する場合はリバランスを行う予定です。
  • 株式…現状70%。
    大部分は株式での運用を考えています。特に具体的な割合は設定せずに、債券とREITのバランスを見ながら、残りを株式で運用することにします。

地域別割合について

これは日本・先進国・新興国の3つで良いかと思います。

あんまり深くは考えていませんが…

  • 日本…現状26%。
    実はあまり日本への割合を増やしたくないと思っています。日本が嫌いなわけでも、株価暴落を予兆しているわけでもありません。
    正直なところ、”なんとなく”ですが、コア戦略では主に日本へ投資する予定であることが大きいでしょうか。ひふみプラス等も気になりますし。(本来はそんな主観でアセットアロケーションを決定すべきではないのでしょうが…。)
  • 新興国…現状22%。
    3つの中では最もハイリスクハイリターンとされる項目。要リバランス割合は30%とし、動向を注視していきたいと思います。とはいえ、緊張感は低め。
  • 先進国…現状51%。
    あ、今更100%にならないなんて言わないで下さいね。わかりやすく小数点以下四捨五入しているだけですので。先ほどの資産別で言うところの”株式”と同じ立場。主に、運用のメインであり、日本と新興国のバランスを見ながら残りを先進国で運用します。

生活防衛資金は除けているが、リスク許容度は?

生活防衛資金とやらは投資信託・株とは別に除けています。

ただ、IPOへの出動に備えてMRFへ駆り出されていることはありますが。
理想は、なるべく普段触らない口座へでも移したいのですが、あえて今からそこまで神経質になる必要はないかな、と思っています。

そして、リスク許容度のお話。

難しい話は躊躇しまくりんぐですが…。
正直現時点ではたとえ50%になってもあまりダメージないんですよね。
まぁさすがに0になってしまっては…困るというか、焦りますが…。

投資元本がそれなりの額になってから考えることにします(汗)

とりあえず。

“2標準偏差×2”とか”3標準偏差”とかは考えてみましたが、そもそも正確なリターンとリスクなんて分かりませんよ。

ただ、いくつかの指標は探してみました。

とりあえず。(2回目)

リターン5%リスク15%、これでいきます。
何よりわかりやすくてキリがいい。

この数値で計算したら、概ね投資元本が最大60%程度までは減少してしまうようです。

割合ではイメージが難しいので、時折、その時の投資元本に最大損失率40%を乗じて金額ベースで意識するようにしたいと思います。

まぁ、もっとも最悪のケースが2標準偏差×2で下げ止まりなんてのは甘いっちゃ甘い気もしますがね。

肝心なのはムリな投資を行わない、ということでしょう。

投資方針は・・・。

大筋は決まっています。最初から。

それこそデイトレードみたいなことをするつもりはありません。
今のところ。

長期運用を前提として、余裕があるときに個別の株に手を出してみる…

そんなコア・サテライト戦略で運用を考えています。

実際、すでにサテライト的な株を200千円ほど持っています。
ちなみに割と順調。

ただ、あまりサテライト比率を高くしすぎると危険なので、要注意。

要注意というのは具体的でないですが、現在はインデックス投資の額自体が少なくて、○○%以内とか決められないのですよ。

ちなみに、せっかくある税制優遇措置は積極的に活用していくつもりです。
メリットを十分享受できるかは自分次第というところがネックですが。

現在でいうと、

  • 確定拠出年金(401k)
  • NISA

あたりですね。

お子さんがいらっしゃる方はジュニアNISAとか良さそうですよね。
ただ、あれは贈与になるから要注意です。
80万円という額もそのあたりを考慮してのことでしょう。
まぁ、親族間の金銭異動にどこまでとやかくツッコまれるかわかりませんが。

それから、すぐに海外ETF?に挑戦する気はありませんが、もし興味が出てきたときに1つハードルとなることが”確定申告”だとは思いますが、このあたりは臆せず挑戦していきたいと思います。

ちなみに、去年はすでにふるさと納税で確定申告してます。
たぶん大丈夫という根拠のない自信はあり(笑)

終わりに。

なんだかんだ長々と書いてしまった気がしますが、厳密に数字とにらめっこしながら投資額、投資先を考えようとまでは思っていません。

まずやってみて、アセットアロケーションを作ってみて、明らかに危なそうな資産構成になっていたら、追加投資でバランスをとってみる…

そんな感じで進めていきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。