まだ手数料を払っていたとは。

apple-589640_640

銀行・コンビニのATMの手数料のことです。

もはや当然のことかと思いきや、意外とそうでもないようで…

スポンサーリンク
スポンサーリンク

金銭感覚って人それぞれ

ネット上では当たり前のようなことも、世間的には私みたいなのがマイナーな種族なんすかね。

友人と話をしていたときのこと。

友人の職場は給与振り込み用の金融機関がある銀行に指定されているらしい。

手数料がかからない時間は基本的に仕事中で(そりゃそうだ)

わざわざ手数料のために時間を作るよりは、仕事帰りに手数料がかかったとしても、それはやむを得ないことと納得していたよう。

知っている人であれば、もう”あれ”を勧めるのが一番手っ取り早いですよね。

そう、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービス。

なぜかずっと前に口座だけは作っていたようなのでなおさら好都合。

自分で資金移動タイミングを決めることはできませんが、よっぽど日々のお金に困っていない限り、気にならないデメリットです。
もちろん手数料は無料。

その友人もクレジットカードの支払いに毎月追われているとかではなさそう。
ひとまず安心(笑)

また、逆に住信SBIネット銀行から他行宛の定額自動振り込みサービス、あるいは通常の振り込みも月3回までであれば無料であることを伝えました。

そして、住信SBIネット銀行なり、普段使う大手の銀行なり、手数料無料の金融機関からお金を引き出すように、と。

今まで口座を放置していたことを後悔していた模様。
というか、なぜ口座を作ったのに、そんなこと知らないの?という疑問はありますが…
世の中、そんなもんなんですかね…

そして、柄でもなく私にハーゲンダッツという普段の約3倍ほどの手数料を支払ったのでした。

まぁ、今後手数料がかからないと思えば、ハーゲンダッツ代なんて安いもんだよね(笑)

ごちそうさん。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。