エクセルを使いこなせたらと心底思った

screws-656724_640

社会人の必須スキルとも言えるかもしれないエクセル。

使いこなせているでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まだまだエクセルは仕事で使う

最近になって、クラウドサービスが急速な普及などに伴い、エクセルに取って代わるようなサービスが提供されるのでは、と思うこともありましたが、まだまだ健在です。

そんなエクセルは非常に奥が深く、それでいて、初めてでも使うことはできます。

ただ、ちょっとしたショートカットキーに始まり、関数、ピボットテーブル、マクロといった機能を使いこなせるようになればなるほど、高度な計算、集計、分析ができ、また、時間の短縮ができます。

私はといえば、初歩的な関数が分かる程度。。。

職場でも使うことはあるわけですが、ちょっとレイアウトを変更しようと思ったら、まぁ大変。

どこにどんな関数が入っていて、どこを参照しているか見つけるのに一苦労。。。

今回は1時間以上かかったでしょうか、一通り仕事を終えた後で、

「エクセルがもっと使えたら、ものの十数分で終わっていたのではないか…?」

と思うと、精神的疲労もひとしお。

最初からエクセルを使いこなせる人はいない、

誰しもどこかしらのタイミングで勉強しているに違いない。

仕事の効率化を考えると、仕事時間を使ってでも勉強したい。

それほど流行廃りのあるものではないだろうから、

一度覚えてこっちのものにしたほうが後々どんなに良いだろう…

また、今回もう1つ思ったのは、

入念に作り込まれたエクセルとて、わかりやすいものでなければならない、ということ。

どんなシステムにも完全なんてことはありませんから、いつかは関数なり、何らかの修正を加えなければいけないものです。

普段は上手く動いているものも、様々な要因により修正が必要となったとき、ある程度知識のある人が見れば、比較的容易に修正可能なものであることの必要性。

高度な計算をしようとするほど、難しくなるのは当然のことですが、それでも、なるべくシンプルにわかりやすく、を心がけないとと思いました。

私が苦労するのはまだまだ知識不足だからという面も大きいですが、作った人しかわからないエクセルは極論を言えば、自己満足の産物でしかないわけです。

すでにあるひな形を使うだけの私が何を偉そうにという感じですが…

もし、自分がエクセルのシートを作り込むようになったら、これを思い出したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。