純資産とは~ざっくりイメージを~

calculator-385506_1280

前回の”千円”という単位に続きまして、
今回も言葉に関する記事です。

前回の記事を読んで下さった方は、すでに今回のオチが見えていることでしょう。
ただ、今回は難しい言葉ではないにしても一応専門用語になるので、念のため書いていきますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

純資産とは会計学の専門用語です。

会計学と言われましても…
という方が多いかもしれませんね。
私も大学で会計学を専攻したわけではありませんので正直…。

ということで、仕切り直します(笑)

純資産=資産-負債です。

もっと言うと、、自分の持っている資産(例えば現預金や不動産)から、負債(例えば住宅ローンや奨学金)を差し引いた粋な差し引きの資産です。

ある意味、文字通りです。

もっともっと具体的に言うと、

Aさんは10,000千円の現金・預金を持っているが、実は借金があって、その額は3,000千円だったとします。

そうするとAさんの純資産は10,000千円-3,000千円=7,000千円

ということになりますよね。

このときAさんは7,000千円以上浪費してしまうと、一時的に返済不能の状態、つまり債務超過という状態になってしまう、ということがわかります。

日商簿記を学んだことのある方なら、もう説明不要ですね。
実は私も日商簿記の2級までは持っています。
(学生時代に取得したので、今はもう…。)

ですが、ここではイメージさえ押さえて頂ければ問題ないかと思います。

ただ、多くの人は個人レベルで純資産なんてそう考える必要ないがないんですよね。
それもそのはず、会社に比べて個人の負債はかなり限定されているからです。

負債がなければ資産がそのまま純資産となりますからね。

さぁ、そろそろお分かりですね。

私の純資産が0円の理由。

そう、マイホームを…

いやいやいや、まだ結婚もしていません。

奨学金ですね。

かなり長期間で返済する設定にしてあるので、まだ残額はそこまで減っておらず、一方で、偶然このブログを始めようと準備し始めた時にちょうど貯蓄残高が追いつき0円となったのです。

逆にそれまでは、債務超過だったというわけですね。
お恥ずかしながら。
いや、別に恥ずべきことではないか。

では、もう一度だけ。

資産-負債=純資産
大丈夫ですよね?

というこで、純資産のおさらいはここまで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。