セゾン投信の運用レポートが届く。やはり書面交付にしていたのか。

blank-792125_640

セゾン投信を個別で買い付けたときに引き続き、今度は運用レポートが郵送されてきました。

前回のときは、「あれ?紙でも送られてくるんだぁ。」くらいな感覚だったのですが、、、

ツイッターでコメント頂いたことで疑問が生まれ、今回の郵送物にてほぼ疑念が確信に変わりました。

というか、一度目で疑うくらいしようよね…(汗)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セゾン投信の運用報告は電子or書面?

今回郵送された資料は

今回届いたものは月次運用レポートと書かれているので、書面を希望するなら毎月届くものになるでしょう。

ちなみに次のものが同封されていました。

  • セゾン投信月次運用レポート(総括?)
  • セゾンVGBFの月次運用レポート
  • セゾン資産形成の達人Fの月次運用レポート
  • 運用レポート送付に関するお願い
  • セゾン投信ニュースレター
  • 広告(略しすぎ?)

A4の3つ折りサイズの封筒ですが、結構いろいろ入ってました。

月次運用レポートは読ませて頂いたのですが、まぁそれは今回おいておくことにして。

運用レポート送付に関するお願い

これ。

内容はなるべく電子版にしてね~、というお願い。

おっちょこちょいな私なら十分あり得ることですが、最初に申し込むときにこの電子にするか郵送にするかっていう項目があったのを覚えているし、電子にしたと・・・思うんだけどなぁ・・・(汗)

まぁ、電子にはなっていなかったのでしょう。

郵送しないということはその分、コストカット。

さらなる低コスト運営、即ち、信託報酬の引き下げが期待されます…かね?

ということで、電子に切り替えます。

いや、そんな大義名分はいらないですね。

確かに紙として手元に残った方が見やすいけど、郵送されるのは要約版のみ。

詳細版はどちらにしてもwebから見なければならない。

あと細かいこと気にしても仕方ないけれど、引っ越しとかしたら住所変更とかの手間が面倒(笑)
というかリスク。

引っ越しなんてそんなにめったにあるものではないけれど、いざ引っ越ししたときのいろいろな手続き変更は大変です。

1つ1つは大したことなくても、たくさんありますからね。

変更漏れという可能性もあるし。

もちろん電子交付でも住所変わったら変更手続きをしないといけないでしょうが、取引報告書とか他の人に見られるリスクはなくなります。

ということで、電子に切り替えます。(再)

切り替え手続きは…?新たな勘違い発覚も。

今回届いた運用レポート送付に関するお願いには、

今後も郵送希望の場合のみハガキを返送して下さい

と書いてありました。

あ、切り替え手続きは何もしなければそのうち届かなくなるのか。

もうセゾン投信さんにお任せすることにしました。

しかし。

そもそも切り替えなんかしなくてもセゾン投信のサイトから見られる運用レポートと連動して、ログインした後に見られる取引報告書なども変わるのだろうか?という疑問が。

セゾン投信にログインしてみると、取引報告書の電子交付切り替えには、電子交付に関する承諾書の提出が必要になると書いてあります。

ということは、こちらは連動しない。よね?
連動してくれたほうが嬉しいけれど。
運用レポートは誰かに見られても良いとしても、取引報告書はちょっとマズイかな。

まとめると、

最初に取引報告書の書面交付を選択したら、運用レポートも丁寧に書面で郵送してくれるけれど、もともと種類の違う別物なので、取引報告書を電子交付に切り替えるにはやはり手続きが必要。

うーん、入り口は同じだけど、出口は違うってことかな。

というか、こんなことでごちゃごちゃ気にしてるの私くらいか。。。

さっさと積立が始まって忘れたように資産運用していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。