セゾン投信へも投資完了。いよいよ自動積立体制へ。

ballet-359982_640

世界経済インデックスファンドに続き、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドも最初の投資を完了しました。

まだどちらも買い付けですが、今後は自動積立へ切り替わっていくのが楽しみですね。

なんとなく思ったことをつらつらと何の脈絡もなく進めて参ります。

ちなみに運用結果は月末に振り返りたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕組み作り自体は難しくない

長期的な視点で見た資産運用を投資信託で行う場合、必然と自動積立になるとは思いますが、こうした仕組み作り自体に特別な難しさがあるわけではないんだな、という再確認ができました。

と言っても、まだ自動積立は始まっていないのですがね。

強いて言えば、時間はある程度かかります。2,3日で始められるものではないです。とりわけ、セゾン投信のような直販型投信を選ぼうものなら、必ず口座開設から始まりますし、自動積立の第1回目までの時間はもっとかかります。

あるいは、NISAや確定拠出年金で運用しようと思えば、もう少し手続きが複雑です。

それでも、所詮手続き等ですから、難しいことなんかありません。

金融機関もユーザー拡大は望むところでしょうから、なるべくわかりやすいように資料も工夫して、記入事項の不備がないように作られています。

ただ、書きながら、時間がかかるのは大きなハードルだと逆のことを思ってみたりもします。
人それぞれの性格にもよりますが、ただでさえ日中は仕事をしているサラリーマンが、小難しい資料や申込書に目を通して、無事に積立が始まるまでモチベーションを保つのは言葉にする以上に難しいこと、ということは共感できるのではないでしょうか。

さてお次は、最初の困難を乗り越え、めでたく積立が始まったとしたらのお話。

その後の運用、とりわけリスク管理が大事

当たり前のことなんでしょうが、素人からすれば、わからないことなんですよね。
考えればわかるとか、自分で調べられるとか、教わるものではないとか、言われますけれど、そもそも投資信託とは何者で、資産運用とはどうあるべきか、入り口の知識すら平等に学ぶ機会が無いというのは問題だと思いますね。

今その議論をするつもりはありませんが。

とりあえず、仕組みができたらOK!ではなく、その後のリスク管理も大事ということを私自身、よく考えるようになっているところです。

リスク管理といっても未来という不確定の事象を含みながら完全なるリスクコントロールはあり得ませんが、リスク管理はまず知ることから始まると思っています。

投資信託の運用におけるリスクのみならず、投資信託以外の資産のリスク(現預金ですらインフレリスクというリスクを内包している)、そして、自分の置かれている状況、投資信託の運用会社の状況、経済全体の動き、世界の動き、様々なことから想定されるリスク。

むしろリスクをコントロールするのはおろか、全てのリスクを把握することすらできないと考えた方がいいかもしれない。

そういうわけで、全てのリスクを考える必要はありませんが(現実的に)、いろんなことを知った後のわからないことは、何も知らないからわからないこと、と全く違うのは明らかですよね。

どうしようもできない回避不能のリスクが存在する一方で、知ることで回避できる、軽減できるリスクもたくさんあるはずです。
時にはただリスクがあるということが分かっていただけでも精神的には大きく違うこともあると思います。

そして、そのリスクは人それぞれ、ここに資産運用の難しさがあるのでしょうね。
それを逆手にとって(?)”誰も教えてくれない資産運用法”みたいな煽りが横行してしまうのでしょうか。

その煽りは善意か、はたまた悪意か。

人には勧められない、素人の私には。

一言で言ってしまえば、投資は自己責任でお願いします、ということで終わりなんですが。

ただ、同時にNISAや確定拠出年金、その他メリットがもてはやされる制度がたくさんあるのも事実。

そんな制度ですら、やはりオススメはできませんね。私は。

リスクはその人によっても変わってくるものであるし、そもそもリスクに目が向いていない場合が結構あります。

投資に限らず、リターンばかり追い求める人はまだまだ多いですし、哀しいかな人間は非合理的な生き物ですから、いつも正しい判断ができるとは限らないんですよね。
私もそうですが。

それでは、ほんの一部の人だけしか投資信託等を用いた資産運用をすべきでないかといえば、そうではないと思います。

結局、教育を受ける段階でそういうことを考える機会が少ないのが問題なんでしょうね。

あまりそれを結論にしてしまいたくない思いもありますが、親が教えるにしてもバラツキがあります。
現時点では教育者にもバラツキはあると思いますが…。

そうなると、私のブログ…ではなく、素敵なインデックス投資ブロガーの諸先輩方のブログがもっと日の目を浴びて、世間に広く受け入れられるようになっていくのが、一番現実的な近道なのかなぁ、と思ったりしましたとさ。

できれば、私もその仲間の隅っこに入れるくらいには、、、ブログを続けていきたいですなぁ(笑)

とりあえず、タイトルのセゾン投信がほにゃらら、ということにほとんど触れていないことはナイショ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『セゾン投信へも投資完了。いよいよ自動積立体制へ。』へのコメント

  1. 名前:O.A 投稿日:2015/06/20(土) 09:31:26 ID:00d5dba00 返信

    初めまして。
    私も7年ほど投資歴が有りますが、その間に他人に運用を勧めた事は一度もないですね。
    周りの人から「投資を教えてくれ」と言われたことも有りますが、
    「とりあえず口座はネット証券で!」とアドバイスしたぐらいです。

    日本人は金融リテラシーが低いです。
    「お前のせいで損した!」と頓珍漢な事を言う人もいるでしょう。
    他人に投資を勧めたら厄介事に巻き込まれる可能性が高いです。
    余計な事を言わず、粛々と自分の資産運用に励むのが一番かと。

    著名インデックス投資ブロガーの皆様の啓蒙活動に期待したいですね^^

    追伸
    ツイッターフォローさせてもらいました。
    これからもよろしくお願いします^^

    • 名前:リオン 投稿日:2015/06/20(土) 16:18:22 ID:8e630915a 返信

      O.Aさん初めまして!

      私の偏見もありますが、大抵「教えてくれ」という人はそもそもの諸問題の前にメリットしか見えていないと思うんです。
      そこに最大のリスクを感じますね(汗)
      その実害が頓珍漢な事に巻き込まれることでしょうか。

      ご多分にもれず、私も金融リテラシーの低い日本人ですので、「勧められない」には不可能の意味も含まれていますが。

      > 著名インデックス投資ブロガーの皆様の啓蒙活動に期待したいですね^^
      ようやくインデックス投資が少しずつ広がり始めたところだと思いますので、これからますます期待しちゃいます(笑)

      そして、ツイッターフォローありがとうございます!
      こちらこそよろしくお願いします(^o^)

      コメントありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。