ロボアドバイザー(THEO)について思うことあれこれ。

gears-818461_640

フィンテック(FinTech)という言葉の普及とともに広がりを見せるサービスのひとつ、ロボアドバーザー。

個人の資産運用を手助けしてくれるサービスです。
もっというとそれぞれ個人の状況に合わせてリスクの取り方、運用の仕方を決定し、その人に合った資産運用をしてくれるということです。

このロボアドバイザーはTHEOの他にも大手銀行・証券会社などからも提供がありますが、これらのサービスはどう評価され、どんな可能性を持っているのでしょうか。

まだまだ始まったばかりのサービスですが、個人的に思うことあれこれです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロボアドバイザー・THEOの概要

THEOをはじめとしたロボアドバイザーサービスが主な対象としているのは一般の個人です。

THEOのホームページから引用すると、

これまで一部の富裕層や機関投資家だけが享受してきたプロの資産運用が、独自開発のアルゴリズムによるロボアドバイザーによって、すべての人が使えるサービスとなりました。あなたの資産を守り、増やす運用を目指します。

とあります。

要は、資産運用に興味あるけど何に投資したらいいかわからないし、インデックスファンドの投資信託が良いと言われても最適な資産配分とか難しいし…という人に対して、ロボットが全て代わりにやってくれるってことですね。

もちろん金融資産への投資なので、元本保証はありません。
しかし、全世界の投資対象にバランス良く投資することでリスクを抑えつつ、各個人に合った配分で投資できるということで、自分だけのセゾン投信みたいなバランスファンドとでも言えるでしょうか。

ロボアドバイザーのメリット・デメリット

ここまで簡単に見てきたロボアドバイザー。
ロボットが自分に見合った資産運用を行ってくれるというだけですでにメリットありの状態ですが、すでにある投資信託などと比べてどれほど優位性があるのでしょうか。

まずはTHEOを例に、THEOが謳っているメリットから見てみます。

①資産形成プランを0円で提供
②10万円の投資資金から利用可能
③投資コストは1.0%のみ(投資一任報酬)
④追加コストなし
⑤いつでもプラン変更可

では、それぞれをもう少し詳しく。

①0円で利用可能なので、診断だけというのも全然OK。
ただ、ロボアドバイザーだけをみて初期コスト0円は歓迎すべきことかもしれませんが、比較対象であるインデックスファンドの多くは初期コスト0円。

そう考えれば取り立てて抜きん出たメリットではないですかね。

となると②も投資信託と比べて特に優位性はなし。
逆に劣っているわけでもなし。

③のコストは平均的な投資信託と比べると低コストな部類だと思われます。
ただ、バランスファンドの代表格、セゾン投信は運用コストが約0.7%なのでTHEOの方が分が悪いですね。
今後、ロボアドバイザーがより普及していくともっとコストは下がってくるような気もします…期待しましょう。

④はすでに資産運用を行っているひとにとっては…ですが、これからの人にとっては安心材料?

⑤について。
投資先が各種ETF(株式のように扱える投資信託)なので、同様に流動性は確保されているよう…

かと思いきや、下の方に※で変更等は年2回までと書いてありました。
長期投資が主目的のはずなので、あまりころころ変えるものではないですが、年2回はちょっと制約されている感が個人的には否めないです…。

と、ここまでTHEOのメリットをかなり個人的視点から見ると、なんだか歯切れの悪いメリットばかり…みたいなことになってしまいましたね。

しかし、投資信託やETFなどと比べても遜色のない程度に仕上がっており、なおかつ前提としてある「自分に合った資産運用を提案してくれる」ということで新しいサービスとしては十分可能性があると思います。

資産運用をすでにいろいろと勉強している人にとってはそれこそ新しい低コストなファンド誕生の方が惹かれる気はしますが、ロボアドバイザーはもっと広く、今まで投資をしようにもできなかった人にとって良い入り口となるはずです。

ちなみに最後に持ち上げておいてもう一度落とすような真似をしますが、個人的に現状のTHEOの最大のデメリットは積立投資できないことです。

これ大事です。

積立投資をしたことがない人にとってはあまり実感として分からないかもしれません。

住信SBIネット銀行等を使えば月に数回まで他行宛の振込手数料が無料になるサービスもあり、一見それほどデメリットには感じないかもしれませんが、普段仕事やら何やらで忙しい傍らコンスタントに手動で投資するのは意外と面倒です。

今後の改善を切に望みます。

今後のロボアドバイザー

ロボアドバイザーのデメリットなんかを書いたりもしましたが、基本的にはロボアドバイザー歓迎です。

自分自身が利用するかと言われると、少なくとも今はそのつもりがありませんが、それはすでに行っている資産運用のスタイルに不満を感じていないだけです。

なので、これから資産運用を始める人にとっては選択肢の1つとして十分アリだと思います。

THEOについていえば、スマホ対応もしていますし、インターフェースもきれいで見やすそうということもあり、とっつきやすくなっています。

投資自体がリスクあるもので、中身を理解していないものに投資するなんて…と躊躇うのは正しいことですが、そうは言っても結局中身を知ろうとするなら実際にやってみないとなかなか実感も湧きにくいです。

個人差はあるでしょうが、THEOに限らず投資をしてみると値動きとその原因が気になり、運用商品の中身を調べたり、世界経済の情勢について関心が湧いてきたりするものです。

こういったサービスを利用することで、資産運用の裾野が広がって行き、お金に対する考え方が身につくことになれば良いのかなと思いますね。

ということで、あれこれまとまりのないまま書いてきましたが、

とりあえずすでに資産運用を行っている人も、まだの人も、THEOのホームページから無料診断をやってみてはどうでしょうか。

もしかしたら新しい発見があるかも?

Fin

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。