今しか味わえないであろう”待ち遠しさ”を満喫?

mobile-605422_640

待ち遠しさと言えば、なぜか子供の頃を思い出しますが、

我慢できない子供だったのですかね…。

いや、好奇心旺盛だったから、ということにしておきましょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

久しぶりに何かを”待っている”?

今年の4月中旬頃から、今までは何となく思っていても行動には移してこなかったことをようやく行動に移し始めました。

なんとなく思っていたこととは、お金について考えることであり、今後の自分のことについて考えることでありました。

そして行動に移し始めたというのは、家計簿をまとめることであったり、その家計簿から無駄を見つけ節約することであったり、投資の準備をすることでした。

同時にブログを始める準備でもありましたね。

ここまでは、まずまず順調に、何かにそこまでつまずくこともなく進んでこられました。

自分のことなので、つまずくこともないとは思うのですが。

しかし、この数日間。

ちょっとした階段の踊り場とでもいいましょうか、壁にぶつかっているわけではないけれど、”待つ”時間があります。

  • セゾン投信の口座開設が完了するまでの時間
  • 同じくセゾン投信で最初の引き落としまでの時間
  • 試しに発注した世界経済インデックスファンドが約定するまでの時間
  • 確定拠出年金の申込書が届くまでの時間
  • 確定拠出年金の申込書が届いてから、積立が始まるまでの時間

・・・などなど。

今までも手続き等に時間がかかったことはたくさんあります。

NISAの口座開設とか、証券会社の口座開設とか、アドセンスの準備とか。

ただ、今回は偶然重なったこともあるかもしれませんが、進めていたことが足並みそろえて止まっていて、なんだか手持ち無沙汰な感覚になってしまっています。

すること・すべきことはまだまだたくさんあって、例えば、アセットアロケーションについての考察とか、そもそも投資方針をどうするのかとか、ブログの勉強とか、次のコア投資先とか、極端な話で自分の将来とかは考えても終わりがないわけですが…。

まぁ、要するにたくさんあるわけです(笑)

ところが、今までの手続きとは違って、いよいよ資産運用が始まろうとしているからか、ただただ待ち遠しくて何もできない、みたいな状態になっています。

大げさにいえばクリスマスのプレゼントを楽しみにしている子供と同じ?(笑)

精神の不安定さ=投資レベルの低さ?

最終的には、どれだけ損をしようが自己責任なのですが、こうしてブログを更新する以上は、多少真面目に取り組みたいわけです。

浮ついて地に足ついていないような状態では、どのみちまともな投資判断なんてできそうにないなぁと思い、自分の気持ちをコントロールできることも、資産運用を行っていく上で、その人の実力が反映されてくるのではないか…と思ってみたりしたのです。

そう考えると当分、ある程度の知識・経験を積み、初心者は脱したとしても、初級(?)から中級へは上がれないかな…なんて。

他のブロガーの先輩方も言われていますが、とりわけ投資信託の運用はアセットアロケーションを決めて、自分の投資方針に従って積み立てを行っていけば、そう毎日何かしないといけないということはなく、退屈なものでもあるのですよね。

まだ私は経験したことのない領域ですが。

そして今の私とは正反対の状態ですが、そんなときにも、また余計なことを考えたりして、コア投資に力を入れすぎてしまったりとか。。。
自分を見失わないように気を付けたいものです。
なかなか訓練できるものでもありませんしね。

インデックス投資はほったらかして、ほどよくコア投資を楽しみ、仕事や趣味などに集中する。
決して無理をする、我慢をするわけではなく、心に余裕をもって資産運用を行っていく、お金との付き合い方を考えていく、そんなふうになりたいですねぇ。

いつの日にか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。